::: 森鉄について
> 森鉄について > 建設の歴史
建設の歴史


 

一、 本線
  阿里山森林鉄道の建設は、日本統治時代の明治37年(1904年)にさかのぼります。台湾総督府が木材の運搬を目的として阿里山森林の開発を計画し、調査、測量、設計企画をスタート。
明治39年(1906年)に、日本の藤田組が施工を開始し、後に政府が経営を引き継ぎ、大正元年(1912年)12月に、全長66.6kmの嘉義-二万平線が竣工、開通しました。そして、森林開発業務の発展と増える需要に伴って路線は阿里山へと延伸し、次第に支線が増設されました。一部の支線は木材の切り出し作業完了時に相次いで撤去されましたが、本線と主要支線は残され、使用されました。
現在、嘉義から阿里山を運行する路線の距離は約71.4kmで、世界屈指の登山鉄道の一つとなっています。阿里山鉄道は険しい山岳地帯に線路を敷いた関係で線路幅762mm(台湾鐵路やJRは1067mm)の小さな車体の軽便列車で「ミニ列車」と呼ばれ親しまれています。
阿里山森林鉄道の開発当初は、材料を運ぶことが主な目的であり、山地の住民の登山、下山、生活物資を運搬する主要な手段でした。
当時は山岳用に特化したシェイ(SHAY)歯車方式と呼ばれる特殊な蒸気機関車が各所で活躍していました。
しかし近年、林業の低迷に代わって森林レジャーや観光事業の急速な発展を続け、日増しに登山旅行客や観光客の需要が増加します。高まる需要に対応するため1962年からはディーゼル機関車が導入され蒸気機関車に取って代わり、経営の主な対象も物資の運搬から旅客輸送となり、次第に観光登山鉄道へと発展しました。また、1984年からは特急「阿里山号」が運行開始、運行時間はわずか3時間15分で、旅行客により快適で便利なサービスを提供しました。
88年2月には、嘉義市文化センター鉄道伝奇イベントと提携し、26号シェイ歯車式蒸気機関車が修復(動態保存)され、北門-竹崎間を運行。「黒頭仔」の愛称で親しまれた軽便列車への乗車は流行のレジャーとなりました。
   
二、 祝山線
  祝山の日の出の珍しい景色は国内外でよく知られ、阿里山に行く人たちが必ず観賞に訪れる場所です。
元々曲がりくねった歩道しかなく、旅行客は未明の暗い山道を明かりを持って徒歩で向かうという不便な場所でした。この状況を見た林務局は、1971年に祝山専用林道を開き、祝山客運を設立して、中型バスによる旅行客の送迎を始めました。しかし、阿里山公路(国道)の開通後、登山客が激増し、輸送力不足による混乱に陥ります。激増した旅行客に対応しつつ、旅行客の安全を確保する、林務局はこの困難を克服するため1984年5月30日に全長6.25kmの祝山鉄路の建設を始めました。
新しくなった阿里山駅を起点に、十字分道を経て対高岳から祝山まで、海抜2216mから 2451mの高山を延々と走ります。途中の車廂には雄大な雲海が広がり、険しい天空の山々は天気により変化に富んだ姿を見せます。祝山線は、台湾人が自ら建設した初の登山鉄道であり、祝山への日の出観賞に向かう旅行客のために運行しています。
   
三、 眠月線
  眠月線は元々木材を運ぶ為の専用路線でした。大正4年(1915年)に建設され、全長9.2km、海抜2000m以上の高く険しい山の間を延々と走り、途中には手つかずの原始的な自然風景が広がっています。高く険しい地勢の車窓は、非常に雄大で美しく、まるで中国の水墨画の中に入り込んだようで、長きに渡って旅行客のあこがれの場所となっていました。路線を管理する、嘉義林区管理処(当時)が阿里山地区の観光エリアを拡大するため、眠月石猴レジャーエリア化を積極的に推進、眠月線を観光鉄道としてリニューアルします。1983年2月11日、観光路線として正式に再開しました。その後、1999年の九二一地震により、鉄道の基盤とトンネル等の深刻な崩壊を招き、眠月線は一時封鎖となりました。
   
四、 水山線
  阿里山の材木切り出しエリアの路線の中でも異彩を放っていた路線です。海抜2500mを超える高山鉄道には、49箇所にものぼる橋が架かり、森林鉄道と高山鉄道の美しさを備えています。まるで詩のようにロマンティックで、雲海が舞う絢爛たる光景、さらに、天空の山々が連なる雄大な景色が広がり、この台湾の歴史上海抜が最も高いこの鉄道こそ、失われた東埔線です。東埔線には、かつて水山線、児玉線、自忠線、哆哆咖線といった多くの別名がありました。しかし、非常に残念なことに、道路が鉄道よりも重要だった時代、そして、文化資産の保存という概念が無かったことから、当時誰もアジア最高の狭軌登山鉄道であるこの鉄道の重要性に気づきませんでした。1978年末、東埔線は、集材作業の終了により、運行停止となり、1979年の7月から次々とレールが撤去され、かつての鉄道の基礎を利用してアスファルトを敷設し、「新中横公路」が完成しました。
その後、2003年から、林務局が東埔線の一部区間を再び修復することを決定しました。斜面と橋を含む、新中横公路旧トンネル口から沼平区間の旧鉄道が再建を経て、2004年に竣工し、正式に 「水山線」と命名されました。この支線もまた、眠月線、祝山線に続き、阿里山の最新の観光支線となりました。しかし、後に民営化の失敗と自然災害による運行停止等の深刻な理由により、鉄道の修復は完了したものの、正式に運営できない状態となっています。
 
資料元:阿里山森林鉄道百年紀実—蘇昭旭著