::: 観光スポット紹介
> 観光スポット紹介 > 鉄道沿線
鉄道沿線
嘉義鉄道芸術村
  「嘉義鉄道芸術村」は、元々嘉義駅裏の貨物輸送倉庫にあり、嘉義市文化局が1998年8月にここを"嘉義市文化センター"以外の新たなアートスペースとして開拓し、また同時に台湾鉄道の倉庫をアートスペースとして利用した初の例でもあります。「嘉義鉄道芸術村」では、毎月異なるアート展覧イベントが行われ、芸文界の著名なアーティストを招いて展覧会を開催しています。
「嘉義鉄道芸術村」は、かつて嘉義で最も重要だった生活物資を輸送するターミナルにあり、現在は、異なるアート展示と作品が取って代わり、異なる時空点、同じ場所、藝術と貨物倉庫街がミックスした特別な雰囲気を織り成しています。
「嘉義鉄道芸術村」内は、絢爛豪華な装飾デザインではなく、アーティストが大いに創作力を揮う場所です。ここでは近距離で列車を見ることができ、また、各倉庫内で異なる芸術作品の展示が見られます。ぜひ休日の午後に足を運び、鉄道芸術村の一味違った文化の風情を感じてみて下さい。もしかすると、アイデア溢れるアートシーンに出会えるかもしれません。
【公共交通機関】
1. 列車(台鐵・阿里山森林鉄道) 列車で『嘉義駅』まで行き、駅北側から徒歩すぐで、「嘉義鉄道芸術村」に到着。
2. バス 『嘉義駅』行きの長距離バスに乗り、駅に到着後、徒歩で『南側歩道橋』を渡って駅後方北側まで行くと、「嘉義鉄道芸術村」に到着。
【車】
『嘉義駅』の駅後方へ→『博愛路』に到着→『北興街』へ曲がり、すぐ「嘉義鉄道芸術村」に到着。
   
檜意森活村
  檜意森活村は、嘉義市の東区に位置します。敷地面積は約3.15ha、既存の歴史建築が約28棟あり、嘉義の林業文化をコンセプトに、全エリアで日本式の檜建築が建てられ、「林業文化を核心に、旧建物を活性化、再利用した特殊な観光スポット」として発展し、文化、芸術、歴史、レジャー、文芸等の要素を備え、嘉義で最も特色ある文化パークとなっています。

檜意森活村は数箇所のエリアに分かれ、大きく以下のように分かれています。
1. 農業名品エリア:一心二葉をコンセプトに建てられた名品エリアの建物は、本体が黒と白で、非常にモダンでありながら、隣の日本式建築と呼応し、融和しています。今後は南部地区の農産特産品を販売する予定で、南部の特色ある農業製品を手にとっていただく機会を増やします。

2. 檜町原宿エリア:このエリアは、木製の日本式建築をテーマに、文芸空間、日本式の浴室、日本式の部屋等の宿泊エリアで、日本の雰囲気を存分に感じることができ、まるで日本を旅しているような心地よさを感じます。

3. 木材芸術エリア:このエリアでは、林業の歴史、文化、アーティストの作品を展示しており、すべて木材を出発点とした作品で、どの作品も原木を用いて創作され、一般の文芸空間で展示されている作品とは大きく異なります。また、木工教室、カフェ、庭園景観緑化エリア等があり、多様な展示空間で構成されています。

檜木森活村は、嘉義の阿里山を出発点に、森のイメージを作り出した文化パークで、4億元(約16億円)の資金と4年の時間をかけて建設され、森のイメージを持つ森林之歌、月影潭心之に続き、嘉義の新たな注目スポットが増えました。『森』が生きる嘉義に、週末是非遊びに来てください!
電  話:(06)277-7235
住  所:嘉義市東区林森東路1号
営業時間:火曜~日曜:10:00~18:00(毎週月曜は休館)


【公共交通機関】
1. 列車
阿里山森林鉄道に乗り、北門駅で下車、檜意森活村まで徒歩すぐ。
2. バス
列車または長距離バスに乗り、嘉義駅で下車。林森西路沿いに徒歩約20分で檜意森活村に到着。
【車】
1. 国道1号線-->嘉義インターチェンジで下りる-->嘉義方向へ-->北港路(県道159)を直進-->博愛路(省道1)を左折-->博愛路橋を通過-->忠孝路を右折-->林森東路を直進-->檜意森活村到着。
2. 国道3号線-->竹崎インターチェンジで下りる-->嘉義方向へ林森東路を進む-->忠孝路口まで直進-->檜意森活村到着。
   
森林之歌
  ここは、2012年8月にできた嘉義市の新たな観光スポットです。蘭潭の『月影潭心』と同じアーティスト-王文志氏が手がけ、1年の時間と1,600万元を投じて完成した森林之歌は、外観が卵のような形をした特殊なデザインで、塔は高さ約14m。縦貫鉄路と阿里山鉄道の間、嘉義市文化センターの後方、地下道そばにあり、列車が嘉義市街に入る際に必ず通る道です。非常に分かりやすい場所で、多くの写真愛好家が訪れる撮影ポイントとなっています。
王文志氏は、嘉義現地の材料を利用して、この情緒あふれる『卵の塔』を作り出しました。嘉義県林務局が提供した流木、廃棄された阿里山鉄道のレール、黄藤、石等を用い、高さ約14m、幅約55mの芸術建築を作り出しました。発想の原点は聳え立つ阿里山神木と鉄道の持つ長い歴史でした。大量の樹木を巻きつけ、一層一層積み重なって高い塔を築き、建物本体に入る前の通路は、黄藤を編んでできています。トンネルに入るように高い塔を越える様子は、嘉義林業の繁栄と鉄道の重要性を象徴しています。
日中塔を仰ぎ見ると空が透けて見え、日の光が体に降り注ぐ感覚、また、まるで森にいるような澄んだ心地良さを感じることができます。夜は七色のライトが森林之歌全体をライトアップして、非常に幻想的、ロマンティックで足を止めてしまうほど魅力的です。遠くから見ると、街の中に輝く巨大な卵が立っているようで、近くで見ると森の中にいるように静かでロマンティックです。美しい森林之歌が、皆さんのお越しをお待ちしています。
住  所:嘉義県嘉義市文化路地下道そば
営業時間:終日開放

【公共交通機関】
1. 列車
阿里山森林鉄道に乗り、北門駅で下車、森林之歌まで徒歩すぐ。
2. バス
列車または長距離バスに乗り、嘉義駅で下車。林森西路沿いを約15分歩き、文化路を左折してすぐ森林之歌に到着。
【車】
1. 国道1号線-->嘉義インターチェンジで下りる-->嘉義方向へ-->北港路を直進(県道159)-->博愛路を左折(省道1)--> >文化路を右折-->文化路地下道>森林之歌。
2. 国道3号線-->竹崎インターチェンジで下りる-->嘉義方向へ林森東路を進む-->文化路交差点まで直進後左折-->森林之歌。
   
竹崎車棧渡假村
  竹崎車棧の名前は、阿里山登山鉄道の駅名から名づけました。列車をテーマにした複合式の創作レストラン、本場のグルメ、カフェ、キャンプカーの宿泊の他、団体料理、会議室、大型BBQ(バーベキュー)エリア、親子プレイコーナー、健康環山歩道、景観庭園...等があります。 竹崎車棧では、みなさんが心と体をリラックスさせ、思いっきり楽しむことができる良質なレジャー広場を提供しています。
住  所:604嘉義県竹崎郷復金村22鄰渓湖1号
   
竹崎親水公園
  竹崎親水公園は、省道台3号線の竹崎大橋そばに位置し、敷地面積は約12ha、公園は朴子渓に沿って建てられ、芸術広場エリア、親水レクリエーションエリア、多機能芝生エリア、渓岸歩道エリア、玉石遊戯エリア、 階段広場、並木散歩エリア等に区画されています。多機能の親水公園には、竹崎が竹の産地で有名なことから、公園内に特別に竹類の標本園が設けられています。80種類以上にのぼる国内外の貴重な竹類を集め、全国で唯一の竹類標本園区となっています。
園区内には2ヶ所の吊橋があり、千禧吊橋は全長125mで、2000年を迎えるにあたり、この名前に命名されました。もう1ヶ所の弘景橋は、塔の高さが19m、橋の長さが206mで、2本の柱が跨る距離が国内最長の吊橋です。この2ヶ所の吊橋にはそれぞれ特徴があり、休日の散歩の場を提供しています。そして、金門砲戦記念園区は、当時金門砲戦に加わった179人の竹崎の青年を記念したもので、園区内には空軍本部の退役戦闘機、山砲、戰車等の国防装備が展示され、観賞することができます。
公園内にはその他に、嘉義県の消防局が提供した旧型消防車の一部が展示されている消防車展示館があり、一見の価値があります。さらに、親水河畔緑園区には梅荷園が設けられ、梅の花、蓮の花、睡蓮、柳の木等が至る所に植えられ、緑の葉に覆われた美しい風景が広がり、目移りしてしまうほどです。
そして、最も離れがたい場所といえば、朴子渓に隣接して設けられた水遊びエリアで、ここでは水遊びや釣りを楽しむことができます。竹崎親水公園は現地の人々にとって休日を過ごす素晴らしい場所となっており、園区内の多くの施設はどれも訪れる価値があります。
【公共交通機関】
1.列車
阿里山森林鉄道に乗って竹崎駅で下車、竹崎親水公園まで徒歩すぐ。
2.バス
嘉義県営バス竹崎線に乗り、竹崎駅で下車。
【車】
南二高速公路:竹崎インターチェンジで下り、竹崎方向へ166線を直進。
中山高速公路:嘉義インターチェンジで下り、嘉義市街へ進み、159甲線に入って鹿満で竹崎へ曲がり直進。
   
圓潭自然生態園区
  「圓潭自然生態園区」は、嘉義県の竹崎郷と梅山郷の境界付近に位置し、阿里山国家風景区管理処に属します。そしてここは、現地政府機関が自然工法により開発した新たな自然レジャー観光スポットです。生態区内は、人の手による破壊を受けていないため、元の自然風景が保たれています。また、周囲の壮観な滝の景色を観賞できるよう、生態区内には3本の自然歩道と1ヶ所の吊橋が設置されています。滝を流れる川の水は透き通り、生態資源も豊かで、周囲の環境は非常に美しく、まるで桃源郷のように幻想的で、特にその中をのんびり歩くと、野鳥、蝶々、カブトムシ、蛍、カエル等の生き物たちが行き交った跡が見られ、 大自然の生態の珍しさ、奥深さに思わず賛嘆してしまいます。
「圓潭自然生態園区」は、ひとけのない田舎にありますが、園区内で竹林歩道と周囲の滝の美しい景色が結びつき、さらに、生態区内に敷設されている歩道は平坦で歩きやすいため、家族そろってのんびりとハイキングするの大変適しています。ぜひ親子そろって楽しいレジャーの旅を満喫しましょう。
電  話:(05)2502026
住  所:嘉義県梅山郷瑞里一号橋
営業時間:05:00~19:00

【公共交通機関】
1. 列車
阿里山森林鉄道に乗車→水社竂駅で下車→圓潭渓自然生態園区まで徒歩すぐ。
2. バス
嘉義県バス梅山線に乗車→(122県道経由)瑞里圓潭渓駅で下車→圓潭渓自然生態園区まで徒歩すぐ。
【車】
1. (南二高速公路)竹崎インターチェンジで下りる→166県道へ→122県道に入る→直進してすぐ圓潭渓自然生態園区に到着。
2. (南二高速公路)梅山インターチェンジで下りる→(梅山、太平方向)へ→154県道経由→122県道に入る→直進してすぐ圓潭渓自然生態園区に到着。
   
瑞太風景区
  瑞太ビジターセンターは、嘉義県の梅山郷に位置し、瑞太地区がカバーするエリアに瑞里、瑞峰、太和の3つの村が含まれるため、阿里山国家風景区の最初のビジターセンターとなっています。その建物の外観は鮮明で、また、周囲には静かで美しく、気持ちよい景色が広がり、非常に爽やかで心地よい場所です。ビジターセンター内では、現地の観光スポットの情報が展示され、蛍の生態や農産品についても詳しく紹介しています。また、専門スタッフによる解説もあり、瑞太についてさらに詳しく知ることができます。 嘉義瑞里は、蛍のふるさとで、毎年4月から6月は蛍観賞のベストシーズンです。そのため、瑞太ビジターセンター内では夜になると、しばしば蛍がまるで星が輝くように、空で優雅にダンスする様子が見られ、瑞太ビジターセンターを夢の世界のようにロマンティックに彩ります。また、ビジターセンターの展望台では、一面に広がる瑞里茶園を眼下に納めることができ、詩や絵画のような美しい風景が広がっています。そして、風に乗ってやって来る花の香りが心と体をリラックスさせてくれます。嘉義瑞里を訪れたなら、ぜひここを訪れ、瑞里の持つ自然の声に心をゆだねてみてください。
【公共交通機関】
1. 列車
A.台鉄に乗り、嘉義駅で下車→共同運行バスに乗り換え (瑞里行き)→瑞里駅で下車→瑞太ビジターセンターまで徒歩すぐ。
B.嘉義駅または北門駅で阿里山森林列車に乗る→交力坪駅で下車→瑞太ビジターセンターまで徒歩すぐ。
【車】
1. (南二高速公路)竹崎インターチェンジで下りる→166県道に入る(竹崎方向へ)→122県道に入る→直進してすぐ瑞太ビジターセンターに到着。
2. (南二高速公路)梅山インターチェンジで下りる→梅山を経由→太平を経由→154県道に入る→122県道へ→直進してすぐ瑞太ビジターセンターに到着。
   
奮起湖
  奮起湖は、自然の森の湖です。嘉義県の竹崎郷に位置し、三方を山に囲まれており、ちりとりのような形をしていることから、「畚箕(ちりとりの意味)湖」と呼ばれています。湖と名が付きますが、「開けた場所」という意味で湖ではありません。後に、音をかけて「奮起湖」に変わりました。阿里山公路がまだ開通していなかった頃、森林列車は人々が阿里山へ向かう主要な交通機関で、平地から上って来た列車は必ず奮起湖で停車して機関車を交換したり、休憩したりしなければならなかったため、奮起湖は阿里山鉄道の途中休憩駅と言えます。 奮起湖といえば、自然と鉄道と老街を連想します。なぜなら、これらの関係は切っても切れないものだからです。多くの人々が持つステレオタイプの印象では、駅を出ると必ずしばらく歩かなければ人々が集まる大通りは見られないと思われがちですが、奮起湖を訪れると、その印象が完全に覆されるでしょう。そして、老街の軒先に並ぶにレトロなアイテムに心くすぐられる旅人も少なくないでしょう。また、台湾屈指の駅弁「奮起湖便當」もまた、欠かすことのできないグルメです。ここが発祥の地で、ここが本場の味を味わえるからです!
奮起湖文史陳列室は、元々日本統治時代の警察官舍で、現在は歴史資料館である文史陳列室に変わっています。陳列室は、現在の奮起湖派出所の隣にあり、台湾の現代と日本統治時代の派出所が、一つの時空で交差するコントラストが非常に印象的です。文史陳列室に入ってすぐ目に入るのが、日本式の木造建築です。とても心地よい雰囲気で、大きな窓は旅行客の撮影スポットとなっており、まるで日本のドラマのストーリーに入り込んだようです。陳列室には森林鉄道の列車の模型が並べられ、発展の物語の解説、沢山の貴重な写真や紹介のスライドなどが提供されています。また、車掌さんの気分になって帽子をかぶり、写真を撮ることもできます。さらに、奮起湖で有名なスイーツの愛玉、鉄道弁当等も紹介しています。陳列室の庭園にはカフェレストランがあり、ここでのんびりと時間を過ごすことができます。文史陳列館は老街にあり、文史陳列室を出たら、ぜひ前方へ少し歩き(警察局方向)、右側を見てください。そこに貴哥唱片行の看板が見えます。そこが映画老街で、奮起湖第一街です。 その他、この地にある天然資源はさらなる特色の一つで、エリア内には沢山の冷夏、希少な四方竹、肖楠木があり、自治体など関連機関もハイキングに適した登山歩道を開拓して地方観光を推進しています。時間があれば、ぜひレトロな旅を楽しんでください。もしかすると、もっと沢山の秘密の観光スポットが見つかるかもしれませんよ!
【公共交通機関】
1. 高鉄
高鉄に乗って嘉義駅で下車し、その他の公共交通機関に乗り換えます。
台湾高鉄のウェブサイトhttp://www.thsrc.com.tw/
2. バス
嘉義県バス、嘉義-奮起湖。
3. 列車
阿里山森林鉄道軽便列車。
【車】
1. 国道1号線、西螺インターチェンジ→莿桐→斗六→梅山→太平→瑞里→太和→奮起湖。
2. 国道1号線、斗南インターチェンジ→永光(剣湖山方向沿い)→梅山→太平→瑞里→太和→奮起湖。
3. 国道1号線、嘉義インターチェンジ→呉鳳北路→阿里山公路→石棹→奮起湖。
4. 国道3号線、中埔インターチェンジ→阿里山公路→石棹→奮起湖。
5. 台3号線、台中→南投→信義→新中横→阿里山→阿里山公路(石棹)→奮起湖。
   
阿里山森林遊楽区
  阿里山森林遊楽区の行政管轄は、嘉義県阿里山郷に属し、嘉義市から約75㎞離れ、北回帰線がその中を貫いています。1995年に裁定された「阿里山森林遊楽区計画」に基づき、沼平付近の拠点を対象としており、主要範囲は沼平、祝山観日坪、第四分道(阿里山駅一帯)、塔山、対高岳、眠月石猴等の地区を含み、面積は計1400haに及びます。
阿里山国家森林遊楽区の圏内に3000m以上の高山は無く、最高峰は大塔山で、,海抜2663mです。阿里山地区の地層は南港砂岩層で、年代はおよそ晚期中新世(1000万年)です。
岩質は塊状の砂岩を主とし、わずかな部分が砂頁層となっています。
阿里山山脈は、南港層の厚砂岩でできています。また、この地区には南北方向と東西方向の断層があることから、しばしば険しい切り立った崖や滝が形成されます。森林遊楽区の大部分が高山平夷面地形に属し、大塔山から俯瞰すると、西側には緩やかな尾根が見られ、祝山、対高岳等の山稜の東側は険しい断崖の地形が広がり、和社渓と塔塔加を相対するように隔て、小塔山もまた断崖地形で、阿里山渓は西北から清水渓へ注ぎ、南側は阿里山公路山谷において曽文溪の上流となります。
1996年の台風9号で、1日の降水量が1095mmを記録し、 2009年8月8日に再び台湾を襲った台風8号(中型台風)では、3日間の累積総雨量が2747mmに達し、8月の総降水量が3346mmと、他国の年間降水量をはるかに上回りました。これらの激しい雨により、3つの渓流の下流の土石流災害を引き起こし、さらに、歴年の気象データを参照すると、古来から阿里山は「雨の山」といっても過言ではありません。高山環境は温帯気候に位置するため、阿里山の気候は四季に大きな差が無く、平均気温は摂氏10.8度で、冬の最も寒い日でかつて零下3度まで下がったことがあり、夏は避暑地として有名です。
   
姉妹潭
  姉妹潭は、大小二つの異なる高山湖で、ツォウ族の二人の姉妹が愛のためにこの地で命を絶ったと伝えられ、悲しくも美しい物語を記念して、後に姉妹潭と名づけられました。
【公共交通機関】
1.車
嘉義インターチェンジを下り、18号省道を進む。
2.列車、バス
A.嘉義北門駅から阿里山森林列車に乗って登山。
B.嘉義市街から県営バス中華号に乗って阿里山へ直行。
C.台北西駅から阿里山行きの台汽客運の送迎バスに乗り、途中嘉義で休憩。乗車時間は約5時間45分です。
   
姉妹潭
  姉妹潭は、大小二つの異なる高山湖で、ツォウ族の二人の姉妹が愛のためにこの地で命を絶ったと伝えられ、悲しくも美しい物語を記念して、後に姉妹潭と名づけられました。
【公共交通機関】
1.車
嘉義インターチェンジを下り、18号省道を進む。
2.列車、バス
A.嘉義北門駅から阿里山森林列車に乗って登山。
B.嘉義市街から県営バス中華号に乗って阿里山へ直行。
C.台北西駅から阿里山行きの台汽客運の送迎バスに乗り、途中嘉義で休憩。乗車時間は約5時間45分です。
   
受鎮宮
  百年近い歴史を持つ受鎮宮では、玄天上帝の誕生日が来ると、各地から神の奇跡を見ようと溢れんばかりの参拝客や旅行客が訪れます。
1969 年に廟が改築され、毎年玄天上帝の誕生日前後になると、まるで鎧のような大量の神蝶が祝福に訪れます。最も多い時で、かつて一度に20匹以上の神蝶を記録したことがあり、神々の髭に止まり、神の奇跡が起きました。
また、香林小学校は、台湾で最も高い場所にある小学校です!
【公共交通機関】
1.車
嘉義インターチェンジを下り、18号省道を進む。
2.列車、バス
A. 嘉義北門駅から阿里山森林列車に乗って登山。
B. 嘉義市街から県営バス中華号に乗って阿里山へ直行。
C. 台北西駅から阿里山行きの台汽客運の送迎バスに乗り、途中嘉義で休憩。乗車時間は約5時間45分です。
   
祝山の日の出
  早朝の夜明けの光が現れ、真っ赤な朝日がそっと山から顔を出し、そのまぶしく輝く光が夜空を照らし、新しい一日が幕を開けます!
地球の公転により、有名な阿里山の日の出は、年中現れる場所と時間が異なります。
祝山観日楼は、日の出観賞の絶好のスポットで、阿里山駅または、沼平駅から祝山ご来光列車に乗るか、沼平公園の観日歩道の牌坊から階段で上ることもできます。